おかみの花日記

ヨツバヒヨドリ

| 2007-08-11 08:25 | トラックバック(0) |
ヨツバヒヨドリ
8月も5日過ぎあたりから気温がぐんぐん上がり暑い日が続いているこのころ少し標高の高い、休耕田などの湿り気のある場所にヨツバヒヨドリの花を見かけるようになる。

8月も中ほどになると花の種類が少なくなり、比較的かんたんに採取できるヨツバヒヨドリにはずい分助けられる。

ただ惜しむらくは日持ちが誠に悪い、以前からこの花には普段あまり見かけないような蝶が今頃になると群がるのを見かけていたが、それが旅する蝶「アサギマダラ」と蝶である事を 地元の新聞報道で初めて知った。

何故かこの蝶、ヨツバヒヨドリの花を好み、その群落地に群がり舞うという。
アサギマダラ


熱くなる夏の前に北上し、今頃になると日本列島沿いに
南下して遠く沖縄の与奈国島迄飛んだ固体の確認記録があると新聞には書いてある。

裏磐梯では一度捕まえてマーキングをして再放蝶するのだという、人知れない花と蝶の不思議な関係は他にも数多いと聞いている

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。