おかみの花日記

トリアシショウマ

| 2007-07-31 19:00 | トラックバック(0) |
トリアシショウマ
深山の沢沿いの傾斜地に、今頃になるとトリアシショウマの白い花が見られるようになる。

鳥の脚のような花の形からつけられた名前でしょうが、 チダケサシの仲間だという。この白い清楚な花を茶花にするには少し小振りの物がいい。

ところが、山には花の大きいものが多く、花が大きいと花器や籠とバランスをとるのがむずかしい。

この花も水揚げがうまくゆかないなかなかの厄介者、翌日には頭をたれるかのように、花だけが元気がなくなることもしばしば・・

今頃は雨模様の日が続くなかで、晴れ間を見ては花を採集に行くことになる、特に夏は早朝がいい。夏の野山は暑さが増すにつれて白い花が多くなってきます。

先日も夕暮れ時に花を求めて、東山の山に行きました。雑木林の中に、どこからともなくひぐらしの啼くのが聞こえてきた。

ひぐらしが啼きはじめますと会津の郷も梅雨があけ、本格的な夏が訪れてきます。

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。