会津地鶏物語

 会津地鶏の詳しい由来は定かでないが、相当古くから会津にて飼われていたようである。会津は古来大陸からの移住民が 大挙して移り住んだ形跡もありその人々がたずさえてきたものだろうか。

 『日本霊異記』にも記されてあるように鶏と卵を食べる物は地獄に落ちるとおどかされていたため食べる事はあまりしなかったようで、いま東南アジアの各地に行われているように闘鶏や呪術用に飼っていた。

 闘鶏も中国から伝わり宮廷儀式の中に取り込まれやがては庶民の物となる。会津地鶏も平家の落人が愛玩用に持ち込んだとか言われているがどうも定かではない。

 江戸時代南蛮人が食するのを見て日本人も食べるようになり、江戸時代中期には卵料理が爆発的な流行となりついには卵百珍なる料理書の登場となる。ところが不思議な事に私も会津に残る江戸期の献立を膨大な量見ているが鶏肉の料理はついに見た事が無い。

  卵は食しても鶏肉は宗教的な理由から、長い間敬遠されたらしい。会津の古記録に登場する卵料理はどのようなものがあるか列記してみたい。


*カステラ卵 巡見史の供応献立などに登場する卵と豆腐を使用した内陸型のかまぼこである。
*揚げ卵 卵焼きの事「徒之町百首俗歌 」にも登場する江戸期、明治を通じて最近までご馳走のチャンピオンである。江戸期の会津では婚礼などのご馳走として記録にたくさん登場する。
*卵ふわふわ 和風ポーチドエッグである。吸い物用な状態で供された。
*りんご卵 江戸期の硯蓋という献立に登場する。油を入れた湯で煮ると茹で卵も弾力が増し豆を上下において潰しりんごの形に成型し、着色しりんごに見立てた。
 
  パートナーのページへ戻る