おかみの花日記

こごみ

| 2004-04-01 17:36 | トラックバック(0) |
城下の八百屋やスーパーにそろそろこごみが顔を出すころになる、会津では、この山菜が実によくたべられる。少し奥山にはいると、日当たり良い沢沿や山裾に普通に見られ、誰でも採れる。しかもその繁殖力の旺盛さには驚かされる。一度お店の路地に移植したら殖えすぎて困ってしまった。しかしお味の方となると是がなかなか美味しく、ゆがいてごまあえ、わさびマヨネーズ、おひたしと何をしても美味しい。今頃城下にもたくさん出回り食されるが、里山ではそれに負けまいとするかのように猛烈に繁茂する。以前東京の友人を山菜取りに連れていったら狂喜して摘んでいたのを想い出します。江戸時代、飢饉と常に隣り合わせの生活を強いられた奥会津の人たちは、おそらくこのこごみを始めとする山菜にどれだけ助けられたことか。「かてもの」と呼ばれた山菜は、まさに命を継承するための糧だったのでしょう。

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。