おかみの花日記

野立

| 2003-09-21 17:31 | トラックバック(0) |
数年前、友人を訪ねて愛知にいった。友人は仕事を休みあちこちを案内してくれ、瀬戸では民芸の水野半次郎さんのお宅を訪問させていただいた。当主はちょうど病を癒えて帰宅したばかりであったが、意外にも私たちは私邸に招かれお茶を頂くことになった。いろりの周りは品のよい調度品があつらえられていた。柳宗悦をはじめとする、民芸の周辺にいた芸術家らと交流のなかで、研ぎ澄まされるような審美眼のなかから収集されたものばかりが、それぞれに控えめに、しかも心地よい調和の中に置かれている。それらを拝見しながらお茶を頂き、話題はそれらの美術品のことになり、そして時間が過ぎてゆく。いつしか私たちの間にはある種の共感のような心の交流が生まれていたような気がする。そんな中、お茶をいれてくれる半次郎先生の脇に置いてある白柚の野立(瀬戸の花入れ)がとても気になり、私の視線はそこに集中していた。「おきにいられたようですな・。」とひとこと、野立には花の代わりに湯びしゃくがいれてあったが、野の花を入れたらさぞかし似合うだろうとおもった。この花入が欲しいと強く願ってみたが失礼にあたるとおもい口にはしなかった。やがて楽しいお話の中に時間も過ぎて、次の予定もあるとご挨拶をしてお暇しようとしたら、半次郎先生が奥様に新聞紙を持ってきなさいといっている。先生は初対面の私たちに、その野立の花入れを何気くるくると包み「おみやげだ」とくだされた。奥様が「あげてもよろしいのですか・・」といわれたところをみると相当大事にしていたのでしょう。旅先で出会った人にとんでもないものをいただくことがよくある。その先生も昨年他界された。一度しか出会わない人なのに時間と空間を越えて、私たちには忘れられないような出会いであった。 写真・ふくまん収蔵・水野半次郎作の皿

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。