おかみの花日記

シュウメイギク

| 2011-08-14 10:28 | トラックバック(0) |
null
夏も終わり頃になると毎年、シュウメイ菊が自宅の玄関脇に咲いてくれた。

日当たりの悪い環境が適してたのか、毎年どんどん株の大きさが大きくなり初秋のころは
みごとな花を咲かしてくれた。

我が家を建てたとき玄関脇の軒先を土を残して、
土盛りをし、園芸が出来るようにした

やがて子供も大きくなり、家族の持つ車が増えて駐車場に困るようになり
なくなくその軒先の小さな庭はコンクリートで固めることになりi
我が家からはシュウメイギクが消えてしまった。

もてなしの部屋でシュウメイギクは質素ながら
得々の華やかさを演出してくれる。
このはなに似合う花器は古銅の鶴首以外に考えられない

トラックバック

Trackback URL

コメント

[ 2017-05-03 17:19 ] manicure wrote:
When someone writes an paragraph he/she keeps the image of a user
in his/her brain that how a user can be aware of it. Therefore that's why this paragraph is amazing.
Thanks!

[ 2017-05-04 09:47 ] manicure wrote:
I am really pleased to glance at this webpage posts which carries tons of useful data, thanks for providing these kinds of data.

[ 2017-05-19 17:00 ] http://isabellaharrington.weebly.com/ wrote:
It's fantastic that you are getting ideas from this paragraph as well as from our discussion made
at this place.

コメントを書き込む

:

:
:



 (1)アルファベットは大文字・小文字の区別はありません
 (2)必ず半角で入力して下さい
 (3)読みにくい場合再読み込みで次の文字列に変わります

海外からの広告自動投稿防止のためご協力をお願い致します。