おかみの花日記

福寿草

| 2011-04-13 22:59 | トラックバック(0) |

こんな春を迎えるとはだれが想像したでしょう
3月11日、あの日から数日後雪が降った
はらはらと舞ように降る雪は白い梅の花びらに似ている

この世の中に人がいなくなろうとも春はめぐり来るはずだ。
舞い降りるように降る雪を眺めながらそんな事を考えていた。

山の中のおじの家にひさしぶりにいったが、
家の前の小さな花壇に福寿草が春の日差しに輝いていた。
このはなは輝くという言葉が一番似つかわしいとさえ思う

辺りの雪はまだ解けていない。ここが一番日当たりがいいのだろう
福寿草は新春を愛でるめでたい花ではあるが
今年ほど複雑な想いで見たことはない

20数年も昔、友人と雪解けの奥会津を散策し
日当たりの良い土手にこのはなを見つけた喜びと
感激は忘れられない。
あれから20数年、その人たちも、
皆この世の人ではなくなってしまった。

トラックバック

Trackback URL

コメント

[ 2017-04-16 05:18 ] BHW wrote:
Spot on with this write-up, I honestly think this web site needs
far more attention. I'll probably be returning to see more, thanks for the
information!

[ 2017-05-03 19:20 ] manicure wrote:
Hey fantastic website! Does running a blog similar to this
take a great deal of work? I have absolutely no knowledge
of computer programming but I had been hoping to start my own blog in the near future.
Anyhow, should you have any ideas or techniques for new blog owners please share.
I know this is off subject however I just wanted to ask.

Thanks a lot!

[ 2017-05-19 04:18 ] celestinesearing.blogas.lt wrote:
I’m not that much of a online reader to be honest but your blogs really nice, keep it
up! I'll go ahead and bookmark your site to come back down the road.
Cheers

コメントを書き込む

:

:
:



 (1)アルファベットは大文字・小文字の区別はありません
 (2)必ず半角で入力して下さい
 (3)読みにくい場合再読み込みで次の文字列に変わります

海外からの広告自動投稿防止のためご協力をお願い致します。