おかみの花日記

ヤマユリ

| 2010-07-22 10:35 | トラックバック(0) |
null

雨が上がり、晴れ間の日が続いたと思ったら
連日猛暑の日が続いている
北半球の猛暑は、作物の生育にも大きく影響しているという

この頃になると会津の里山に、ヤマユリが咲き始める
ヤマユリは古い時代から食用とされていたらしく
縄文時代は重要な食料だったらしい

私たちの店でも主に冬、ユリネを料理の食材として利用する
このユリネがヤマユリなのでしょうか、またはほかのユリなのか
いちど調べて見ようと思っている。

大正時代までヨーロッパへの重要な輸出品だった何かで読んだ事がある
いまあるユリの仲間の園芸品種はほとんどが日本のヤマユリから改良されたものだという

ただこのヤマユリは匂いがきつい、とても部屋のなかには活けられない
野にあるときはさほど気にならないのですが
部屋に持ち込んだものならにおいに閉口する

このように美しくても部屋に持ち込めない花はヤマユリのほかにもいくつかある

それにしても夏の入道雲になんとこの花が似合うことでしょう


*写真提供はヒタチのtono

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。