おかみの花日記

キンシバイ

| 2010-07-02 18:23 | トラックバック(0) |
null

梅雨の始まり頃になると。会津の庭先でよくこのキンシバイを見かける。
とはいっても、私たちには縁が薄く、お店に活けたことはほとんどない。

よく似た品種にビヨウヤナギがあるが遠目には見分けがつかないくらいよく似ている。
花の雄しべが長く金の糸のように見えるところから名前が生まれたらしい。

江戸時代の中ごろに中国から渡ってきた物だという
花は梅の形によく似ている。
先日、友人のお宅を訪問したときに玄関の
大きな甕にざっくりと投げ込まれるかの
ように活けられていた。

雨も上がり梅雨晴れの光が庭に刺し、
風にホトトギスの鳴き声が運ばれて
庭のキンシバイが濡れていた。

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。