おかみの花日記

ジャカランタ(スペインに咲いてた花)

| 2007-05-29 16:08 | トラックバック(0) |
ジャカランタ
お店のメンテナンスの期間を利用してスペインを旅行してきました。

2日目の宿で、レストランの窓から濃い青紫の花木が見えた。外は夜の9時頃だというのにまだ明るい。10時を過ぎないと暗くならないらしい。

翌日、花に詳しいツアー参加者がジャカランタの花だと教えてくれた。出発前の時間を利用して樹下に行って見たら奥会津の方に見られる「桐」の花に形が良く似てると思った。

ただ葉の形がまるで異なり、葉はナナカマドに似ていた
和名で「キリモドキ」南米に移住した日本人がそう呼んだといいます。

もともとはブラジルの原産らしくブラジルの「国花」だという。私はこの花はスペインに来て初めてお目にかかれた。

今まで見たこともなかった。ポルトガルや他のヨーロッパ諸国でも栽培が盛んだという。グラナダやセビリヤの街路樹にバスの車窓からこのジャカランタの並木が見えた。

この花が咲くとスペインは雨季を迎えたと知るのだという。私たちは幸運にも雨にたたられなく済んだが、ラマンチャの風車を見るために向かう途中、集中豪雨で道路のあちこちで道路が灌水して道路の通行規制が行われていた。

スペインも雨の時期を迎えていたようです。

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。