おかみの花日記

消え間の春

| 2007-02-12 06:02 | トラックバック(0) |
消え間
まだ2月だというのに、雪融けの頃のような日が続く。

お客様の中には、ふきのとうを採ったとお土産に持ってくる人もいる。今年はそのくらい暖かい。米沢のお客様から米沢の城下に、昔消間遊というのがあると聞いたと主人が話していた。

昔から藤原家隆の和歌に代表されるように、日本人にはこの雪融けの頃に特別な想いを抱いてきました。

雪融けの頃に、お弁当を持って日当たりの良い土手などに座り、遠くの雪に覆われた峰々を眺めながら、楽しく過ごしている情景が目に浮かびます。

おそらくそのお弁当の中には、寒中に作られた、凍み大根の煮物などがあったはずです。米沢の郊外川西町やその周辺は昔から凍み大根つくりが盛んだったと聞いています。

お天気が良くても、時折まだ肌寒い風と春の到来を
思わせる日差しの中で、雪どけの中にも幸せを見出す北国の里人のゆかしいこころが偲ばれます。

*写真は山形在住の樋渡様よりお借りいたしました
ホームページ光と風の世界
http://www3.omn.ne.jp/~hiwatasi/

トラックバック

Trackback URL

コメント

[ 2007-02-18 21:04 ] 会津マッチャン wrote:
はじめまして。こころ豊かな日記、「遠藤大禅老師」から訪問させて頂きました。
籠太のHP立派ですね。もう何年にもなるお店ですか。今はほとんど飲みに街へ出ることはありません。せいぜいPCで覗かせて下さい。飲み歩いた現役の頃が懐かしく思い出されます。

[ 2017-07-28 13:42 ] How did the Achilles tendon get it-s nam wrote:
I have read so many articles about the blogger lovers except
this piece of writing is genuinely a fastidious paragraph, keep it up.

[ 2017-09-06 11:31 ] What is limb lengthening surgery? wrote:
What's up to all, as I am genuinely eager of reading this weblog's post to be updated regularly.
It consists of pleasant stuff.

コメントを書き込む

:

:
:



 (1)アルファベットは大文字・小文字の区別はありません
 (2)必ず半角で入力して下さい
 (3)読みにくい場合再読み込みで次の文字列に変わります

海外からの広告自動投稿防止のためご協力をお願い致します。