おかみの花日記

二輪草

| 2001-05-01 16:54 | トラックバック(0) |
私には誰にも教えたくない野の花の地図があります。
この月の何時頃になると何処何処にこんな花が咲くという具合です。
春の野の花で一番好きな花といわれれば、私は躊躇することなく二輪草とお答えします。毎年今か、今かとまちこがれる程この花が好き。
日当たりのよい沢地や、里山の湿り気の多い場所へ群生しております。
一本の茎に二輪や三輪の梅の花によく似たやさしい花をつける。
沢水をバケツに汲み、静かに揺れない様にお店へ持ち帰り、時代を経て艶の良くなった時代物の籠へ活けてみる。
このはなが特別に合う籠があり、床の間に白い妖精が舞い降りたかのよう、静かに向き合って居りますと、本当に沢の流れる水音が聞こえてくるかのようです。

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。