おかみの花日記

かたくり

| 2001-04-08 16:53 | トラックバック(0) |
まだ何も芽吹いてない雑木林のなかに、かたくりの群落を時折見かける事があります。その美しい姿はまるで神様の造詣のいたずらのようです。枯れ落ち葉の中に妖精が舞い降りたかのように咲いております。
昔、この球根からでんぷんの片栗粉をとったのがこの花の語源だとか。一度根を掘ってみましたら、ものすごく深いところに球根がありました。そういえばこの種はありが地中深く運ぶのだとかいう話を聞いた事があります。奥会津ではこの葉を採集して湯がき、干して乾燥させてから大切に保存し飢饉に備えたと言う話を聞いた事が在ります。

【奥会津かたくりの群生地の紹介】
福島県三島町大林故郷の山周辺は4月中旬から下旬にかけて全山を覆うかたくりの花で満開になる

三島町商工会 TEL 0241-52-2430

トラックバック

Trackback URL

コメント

[ 2007-02-07 17:06 ] 会津マッチャン wrote:
はじめまして。こころ豊かな日記、「遠藤大禅老師」から訪問させて頂きました。
籠太のHP立派ですね。もう何年にもなるお店ですか。今はほとんど飲みに街へ出ることはありません。せいぜいPCで覗かせて下さい。飲み歩いた現役の頃が懐かしく思い出されます。

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。