おかみの花日記

福寿草

| 2001-03-21 16:52 | トラックバック(0) |
雪どけの頃が好き、藤原家隆の古今和歌集の中にある歌に「花のみ祭らん人にみせばや、山里の雪間の春を」と言う詠草があります。現代風にいえば、満開に咲く花の春も良いけれど、山里の雪間に咲く春の方が本当の春のような気がする。というところでしょうか。
千利休がお弟子さんに茶の湯の心を尋ねられたときに、この家隆の歌を示されたと伺ったことがあります。南会津の里に雪どけの頃訪ねて見ますと、日当たりの良い土手などに福寿草の花の群生を見かけることがあります。昨年も下郷町の大内部落近くの旧街道で、石仏の傍らに咲く福寿草の群生地を見つけました。春の日にきらきら輝くその花の姿は、長い冬の終わりを祝福するかのようです。この花は残念ながら持ち帰るのはとてもためらうのです。おまけに家の中に入れると、悲しい事に萎んでしまいます。やはり福寿草は山里にあるべきなのかもしれない・・・

日本一の福寿草群生地、福寿草祭りがおこなわれます 場所 福島県耶麻郡山都町沼の平地内

期間 3月25日~4月8日まで

主催 山都町商工会 詳しくは
http://www.akina.ne.jp/~yamatosk
TEL 0241-38-2254

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。