おかみの花日記
1 |

アヅマイチゲ

| 2002-03-22 17:06:00 | トラックバック(0) | コメント 216 通 |
雪解けの会津の里山で日当たりのよい場所に一番に顔を出すのはアヅマイチゲ、よほど太陽の日を待ちわびたのか、採って来て花入れにいけても花を閉じてしまう、咲き誇る桜を愛でる人はいても、雑木林の片隅に咲くアズマシイチゲの花を愛でる人はいない、千利休はこのような花に教えられる春を本当の春だと弟子たちに語った、雪解け頃会津においでになるのであれば車を止めて道路の傍らにこの花を探して見てください。

孫三郎

| 2002-03-04 17:06:00 | トラックバック(0) | コメント 4 通 |
尾瀬に近い桧枝岐の春は遅い、雪解けが始まる頃、春一番に雪の中からふきのとうが顔を出す。ふきのとうに特別の愛着を感じるからか、それとも長い冬から解放してくれる花に、特別な想いと物語りがあるのだろうか。雪深い里の人々は、ふきのとうに孫三郎という人の名前を付けて愛称を込めて呼んでいる。縁が有り桧扇と云う民宿に泊まることがあった。民宿の裏には「燧の湯」という共同浴場が有る。ここの露天風呂がまたすてき。大きな露天風呂に心ゆくまで浸りながら、何でそう呼ぶのか想像を巡らす。その後に食事の時に頂いた孫三郎の酢の物は美味しかった、なつかしさからか、心の琴線に触れるような静かな感動を覚える。命に染渡るような気がした。

桃の花

| 2002-02-18 17:05:00 | トラックバック(0) | コメント 231 通 |
今年も私のお店では雛祭りのイベントがはじまる。雛祭りには桃の花が付き物、桃の花といえば旅先の勝沼盆地の桃の花は見事であった。擂鉢状の勝沼盆地は桃の花にうめつくされ、この世のものとは思えない情景に声もでなかった。私たちの乗ったバスは桃の花に惑わされたかのように道に迷い桃畑の中を迷走したが、おかげで桃源郷を心ゆくまで楽しませてもらった。私の友人に桃の花にひかれ福島に越してきた人がいるが、きっと桃源郷に住みたいと願ったのだろう。

鷽(うそ)

| 2002-02-02 17:05:00 | トラックバック(0) | コメント 2 通 |
鶴ヶ城の中を歩いてくると、すずめ位の大きさの美しい小鳥が桜の花の蕾をついばんでいるのを見かける事があります。鷽(うそ)と呼ばれている鳥である。その姿の美しさからはほかに名前がなかったのかと思うくらい不名誉な呼び名です。この鳥は他の桜にはめもくれないで、ひたすらソメイヨシノの蕾を食べる。ひどい時は哀れな花見となるときもある、真剣に駆除の話が出ることある位です、私は鷽の味方をしたいが『花見の出きる位は残しておいて」と声を掛ける。

硬雪

| 2002-01-21 17:04:00 | トラックバック(0) | コメント 229 通 |
幼い頃、雪間の天気の良い日は、よく硬雪を踏みに行った。雪の世界で太陽の陽射しが乱反射して目もあけられないような事も多かった。長い雪の中で過ごしいると、この開放感がたまらなくて、硬くなった雪の上をどこまでも歩いた物です。雑木林の中はこがらやしじゅうからなどの小鳥が遊び、この小枝にまゆみとよんだ虫の卵を見つけたり、うさぎや他の小動物の足跡が消える木の根元を覗き込んだりそれは楽しかったものでした。

明けましておめでとうございます

| 2002-01-05 17:02:00 | トラックバック(0) | コメント 7 通 |
会津の里は今年も雪の多い新年を迎えました。
数年前まで雪のない正月を迎えていたのがうそのよう…。雪のしんしん降る夜などは、城下に梅の花の香る時期が待ち遠しくなります。春も彼岸の頃、城下に響き渡る彼岸獅子の太鼓の音色やどこからともなく聞こえてくるうぐいすの声、会津の春は美しい早く来ぬ物かと願うのは私だけだろうか。