おかみの花日記

たげり

| 2003-02-20 17:24:00 | トラックバック(0) |
この時期、会津盆地の雪が半分ぐらい溶けた田んぼにふしぎな鳥を見かけます。あたまから尾の方に向かい長い冠のような羽がのびている。北の国から南へわたる途中、会津盆地でほんの一時期逗留するのらしい、なかなか用心深いらしく、程良い距離を置いて近づこうとはしない。関心がないと,こんなに美しい鳥が身近にいることさえ気づかない。

雪の降る夜は

| 2003-02-01 17:23:00 | トラックバック(0) |
会津の里に雪がしんしんと降る夜はまるで音がしない静寂の世界が広がる、お休みの日はこたつにあたりながらやがてくる春のことをあれこれと描きながら過ごすことが多い。雪解けの野に蕗の薹を採りにゆくことや、あるいは早春の頃野山に咲く花のこと、それらを里山からいただき、どんな風に花を活けようかとか、あるいはどう料理するかあれこれ思いを巡らす。特にこの時期、冬から春へ季節の移り変わりは私に命の尊さを教えてくれる。