おかみの花日記

| 2002-12-20 17:20:00 | トラックバック(0) |
江戸時代。 歳の瀬も押し迫る師走の会津の城下町には越後からの鰊売りの娘の声が響いたといわれています。 会津の人にとって、昔から鰊は冬を乗り越えるための重要な蛋白源として人々に重宝されてきました。 今の城下ではすっかり見られなくなりましたが、昔は熱いご飯と塩を間に挟み山椒の葉で漬けた鰊の寿し漬けをたくさん作ったと聞きます。 この料理も城下ではすっかり見られなくなりました。 そのほかにも鰊は様々なことに利用され、根菜類と煮物にしたり、あるいは単独で味噌煮物にしたり、そして年の暮れは何よりも鰊の昆布巻きを作るのが会津の家庭の大切な年中行事でもあった。雪のちらつく今頃は、母や妹と昆布巻きを作った小さい頃を懐かしみます。

雪の裏磐梯

| 2002-12-01 17:19:00 | トラックバック(0) |
今年は紅葉が終わらないうちに雪が降ってしまった。先日、東京のお客さんから裏磐梯の写真がメールで送られてきた。紅葉の上に積もった雪が幻想的なほど美しい写真だった。そうなると居ても立ってもいられず、気になり休みの日に車で出かけてみました。その日はお天気にも恵まれたせいか、誰も居ないスカイブルーの湖面がこの世のものとは思えない美しさに輝いていました。冬の裏磐梯又美しい会津を見つけた。