| 03.親父の「お薦め」 01月25日 20:55 |

- ホワイトブッシュ(ヤニボトル)

null
ノースランドのカウンターの奥の棚は
まるで玉手箱のようだ、奥のほうから何が出てくるかわからない
不思議な魅力に満ちている。

開封されたのが何時頃なのかももわからないようなボトルが並んでいる
このホワイトブッシュもそうだ。

おそらく20数年間も誰にも飲まれることなく
ほったらかしにされていたのだろうと想像がつく。

ラベルのデザインも今のものとはかなり違う
のんで見たら大当たり、へへへものだ。

カラメル臭が立ち、この店の歴史が魅惑的な味に仕上げている

かといってウイスキーも古ければいいというものでもない
なかにはどうしようもないものもある。
このまえもヤニボトルが目の前にあったので、
飲んで一言、これは「こしぬけ婆のようだ」とおもわずいってしまった
香りも、味も何もかもが抜けてしまい凛としたところが何もない。

ウイスキーは長期保存のものでも味がよくなるのばかりでないことを思い知らされた
この古いホワイトブッシュ、雪道に足を取られながら空瓶を持ち帰った。




トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。