| 01.親父の「ぼやき」 08月30日 13:02 |

- 詫びたいこと

null

最近
週末が込み合いお詫びの張り紙を出すことが
多くなってきた」、お客様には誠に申し訳ないと思っている.

ひどいときは数ヶ月前から予約が入り
2週間前にはお部屋もカウンターも満室になることも珍しくない.

毎日平均的に混んでいるのであれば人をそろえてもおけるのですが
平日見えられたお客様が、カウンターでぽつんと飲んでいて
「こんなときもあるんですね・・」言われる事もあるから困ったもの、

だから人をあたら疎かに雇えない。連休や週末は特に危ない
わざわざ来たのには入れなかったとお叱りの言葉を頂くこともある。

この商いをしてて何が一番つらいかというと
「せっかく紹介されてきたのに満員では入れないなんて・・」
といわれるのが誠につらい。

自分たちが来たことさえも忘れるくらい、雑誌やTVが取材に来る
それ自体はありがたいのだが、最近はマスコミの皆様には申し訳ないのですが
取材も選ばさせていただくことにした。

朝から晩まで調理場の中で仕込みや接客でこもりきりのような生活になる
世事に疎くなるとはこのことだと思う。

お客様の満足のためにすべきことは山ほどある
そのための課題が次々と起きてくる。

でも私たちをもっとも励ましてくれるのは
多くの宿代を払いながら籠太で飲みたいと通ってきてくれる
多くのお客様の笑顔を見た時だ。
ありがたいことだとおもう・・


*写真提供 hitatinotono


トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。