| 01.親父の「ぼやき」 06月30日 20:36 |

- 青い絵


籠太の野菜を提供していただいている。
美里町新鶴の友人の農家五十嵐さんの家に
青い抽象画が飾られていた。それから数年して五十嵐さんが籠太にこの絵の作者、
猪熊さんを連れてこられた。同じ年すっかり意気投合してしまった。
それから郡山在住の画家猪熊邸に遊びに行こうと誘われていたが、
なかなかタイミングがうまく行かず延び延びになっていた
ようやく今回訪問が実現した。
絵のことはわからないがこの青い絵は不思議な魅力に満ちている。
訪問した猪熊邸は阿武隈川が流れる河川の近くにあった。
あいにくの雨であったが窓からは初夏の風が川の匂いを運んできていた。
ヨシキリやホトトギスの鳴き声も風に運ばれてくる

奥様は私たちのためにたくさんご馳走を用意してくれていた。
粋のよい鰹の刺身、油揚げと貝割れの和え物
雑穀米のお握り、いずれもとても美味しく、自分でも驚くくらい
食べた。出会いとは不思議なもの
酒に弱い親父はビール数杯でダウン、8時ごろにはロッキングチェアー
に横たわり猫と遊んでいた。
川風が気持ちよく深い眠りに入っていたようだ。


トラックバック

Trackback URL

コメント(2)

[ 2010-06-30 22:43 ] hitatinotono wrote:
巧いなぁ~~~♪
大きい写真は・・・
http://phototosi.exblog.jp/...
です。

 お疲れ様でした。

[ 2010-07-26 21:19 ] hitatinotono wrote:
アボガドのワサビ醤油刺し?
新メニューでもいけそうです!!

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。