| 01.親父の「ぼやき」 02月02日 08:04 |

- バランタイン

バランタイン
 ブログにスコッチのことを書くようになってから、お客さんからスコッチをお土産に頂くことが多くなってきた。

うちで親父が飲んでいた古いボトルだけれど、俺呑まないから飲んでなどと頂く事が多い。

先日も某病院の先生が「俺飲まないから」と持って来てくれたのがこの一本、バランタイン30年オールドボトル
ウレピイ!...○○先生大好き!

どうやらこのボトル先生のお宅の机の下で十年前から眠っていた代物らしい。患者さんか、誰かから頂いたものだという

箱や瓶の様子からすると海外で求めてきたものだと判る、おそらく免税店で求めたのだろうが、それにしてもかなり古いもの。

先日、先生から情報を得ていた怪しい製薬メーカーの営業さんがカウンタに来て「あの○○先生からのやつ飲ましてくれとの催促、

古い付き合いなので仕方がないかなどと、しぶしぶ早速封切りをしてしまった。ノースランドで彼にはおいしいバーボンをごちになったこともあるし・・

かくしてバランタインの醍醐味を味わう事と相成った。
味はマイルドでクリーミー、フイニシューはかすかにスモーキーな味が残る。何とも上品な味わい・・・シアワセ

十数種類のシングルモルトが使われているというが
バランタインはあの最後のスモーキーはアードベックだといわれている。

先日も福岡のお客さんの若い女性から、アエラ島の聞いた事もないボトルを頂いた、(ありがとうございました)

*写真は封切の前、籠太」のカウンターで

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。