| 04.親父の「食い意地紀行」 02月27日 08:09 |

- 寿司屋で呑みまくり2

ミルトンダッフ

そろそろ海鮮チゲ鍋にも火が入ってきて食べごろになってきた、食い意地のはった山ちゃんと俺は酔ってはなるものかと食べまくる。次に「もぐろふくぞう」のように不敵な笑いを浮かべながら彼が出してきたのがミルトンダッフ12年香り、味、フィニッシュともに非常にクリーンでスムースなモルトだ。バランタインウイスキーの主要モルトとなっているといわれているやつ。おれは初めて飲んだ、もうこのブランドは現在販売されていない。
バルブリア

次においでなられたのがグレンダラン12年オールドボトル、スペイサイド。ダフタウン地域。1897年~1898頃の創業。1902年には国王エドワード7世に献上され、その後、王の愛飲するウイスキー。王さまは こんな感じの酒を愛していたのか・・グレンダランはケール語で『ダラン川の谷』と云う意味だが蒸留所のある場所は、フィディック川沿いと云う話。ブレンデッド・スコッチ、オールドパーの重要なモルト原酒となってという。もうこの蒸留所も操業して無い、山ちゃんのもっているやつが一番いい時代のものらしい。かすかにフルーティで、香水のような香がする
バランタイン

バランタイン17年・・俺なんか今ではとても買えない名品、ブレンドはミルトンダッフを中心に40数種といわれている。こ、こ、これも初体験、ああ~少し酔いが廻ってきた。ザ・スコッチ”として讃えられ、スコッチを知る人には垂涎の的とされる、類まれな名品何でこんなもの買うの山ちゃん・・

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。