| 05.お薦め連載「季を食らう」 10月15日 21:30 |

- トマト

トマト
籠太のトマト食べた事あります?どうでしたおいしいですやろ。もちろん夏の間しかないけれど、つくっている人大したもんです。

あのトマトと作っている人、佐藤くにおさんといいます、もと農業新聞の記者した人で、会津に移り住みJAS認定の有機栽培をしてる。

その佐藤さんから、いまごろになるとトマトの収穫も終わりになるので、倒伏する前にトマトを大量に頂く、それを煮詰めソースにしたり他の野菜と共に煮込んで煮物をつくる。

フランスで言うなら「ラタトーュ」、イタリアなら「カポナータ」というところかな・・しかも大量に作る。調理場からは毎日ソースの元になる鶏のドリップや肉の切り落とし、天然の白身の魚の骨などが毎日大量に出てくる

それらを鍋に集め野菜屑などと共に鍋に入れ、水を張り弱火で火にかける。小一時間もすると透明な透き通ったきれいなスープになる

それと先のトマトや夏野菜(ズッキーニ、玉葱、胡瓜、なす、冬瓜)などと共にグツグツ煮込みます、バジルやオレガノもあれば入れるが味は薄い塩味だけ。

煮あがったらそれを冷まし、真空パックして殺菌、冷凍保存して1年中食べているってわけ・・朝、前の晩に冷凍庫から出しておいた「ラタ」を小鍋で暖め

その日その日で違う味付けにする。今日はカレー味がいいかな・・トマトジュースを入れてトマト味もいいな・・てな具合です。

パンを焼いて、生にんにくをこすりつけオリーブオイルをつけて「ラタ」と共に食べるのが親父の朝食、どうですおいしそうですやろ・・

トラックバック

Trackback URL

コメント(1)

[ 2017-07-28 19:20 ] What causes painful Achilles tendon? wrote:
Valuable info. Lucky me I discovered your site accidentally, and I'm surprised
why this accident did not happened earlier! I bookmarked it.

コメントを書き込む

:

:
:



 (1)アルファベットは大文字・小文字の区別はありません
 (2)必ず半角で入力して下さい
 (3)読みにくい場合再読み込みで次の文字列に変わります

海外からの広告自動投稿防止のためご協力をお願い致します。