| 05.お薦め連載「季を食らう」 10月08日 17:33 |

- 鯉の食べ方:2

鯉の食べ方パート2
古い会津に残る古文書を見ていると鯉の料理がほとんど登場しない。みんな勘違いして江戸時代からあるかのような錯覚をしているがとんでもない。
塩焼き

会津藩ではわけがあり、牢に繋がれた武士は鯉の料理が出た翌日は首を切られたと言われている。そのせいもあるのか鯉が城下で一般的になってきたのは明治以後のことだ。

江戸時代、会津で鱠などで食されたのが猪苗代湖の鮒
鮒は鱠や味噌煮、なれ鮓などでたくさん食べられた事が記録にも見えるまあそんなとこは琵琶湖の周辺の食文化とようにとるわけですわ。

ところで鯉の塩焼き食べた事あります?ほとんどの人が食べた事ないやろな・・美味しいもんでっせ。この前米沢の宿に泊まった時鯉の塩焼きが出てきて感激した。

それはそれは大きな鯉の切り身で、鱧よろしく親切に骨きりがしてあった。もちろん骨きりをしなければ食べれたものじゃないかも知れん。

以前琵琶湖の近くの宿でも食べた事があるが、淡水魚とは思えないような味がした。これも古い料理会津ではこんなこともう料理も誰もしないだろうし知らないだろうな

料理は再現してみると気づくことが多くある。昔の人こんなうまいもの食べていたのだろうかと思うこともしばしば。そういえば味噌煮もうまいものですな

トラックバック

Trackback URL

コメント(1)

[ 2007-10-12 00:12 ] 伊知地 wrote:
浦和に生まれ育ったこともあり,鯉料理を浦和別所沼近くにあった鯉と鰻の専門店で幼稚園生の頃からしばしば食べていましたが,塩焼きだけは食べたことがありません.
どんな味がするのでしょう?
鯉は旨みの濃い魚ですね.

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。