| 04.親父の「食い意地紀行」 08月15日 00:18 |

- イタリア食い意地紀行14(フレンツェでの昼飯)

フレンツェの市場1

フィレンツエの昼飯
私達がお店で使用している。オリーブオイルを輸入している朝倉さんが、出かける前に籠太にイタリア人の友人、マリオさんをを連れてきた。

彼はオーガニックのパスタを、アドリア海に面する小さな町で家族で生産し、イタリア中のお店にトラックで移動しながら卸して歩いているという。彼に フィレンツエで食事をするなら何処がいいと聞いて置いた。

「フィレンツエにいった時、昼飯なら僕は中央市場の中にあるパッチニー(イタリア式サンドイッチ)を食べる。それにあの店の牛の内臓の煮物は最高さ・・」そんな話を聞いていた。
市場の立ち食い


今回の大きな目的は市場でパスタやオリーブオイルそれに食材の調査をする事が目的、昼飯時を狙って中央市場を目指した。

途中イラン人や中東の人が経営しているテントの露天街を通り中央市場へ着く。

日本の基準と異なり市場の中では、食材の販売の仕方や販売方法など何もかもが面白い。

肉売り場や様々な惣菜売り場の間をくぐり抜け、目当てのイタリア式ファーストフード店をようやく見つけた。マリオさんがいっていた店はこの店のようだ。

店の前には行列が出来ていた。列の並び先に食券を買い求める、すると突然2人前にいた男が店の店員と大きな声で喧嘩を始めた。暴力こそ振るわないがすごい剣幕でがなり立てる。
生ハム


結局騒ぎが収まるまでしばらく待たされた。食券を差し出すとパンにお肉と野菜を挟んだ目当てのサンドが来た、怖いかをしていた店員がニコニコして、緑色のソースをかけるかと聞いているらしい・・

朝倉さんやマリオさんの話によると、この店はレストランのコックたちがよく利用している店だという。

硬いパンに串刺しにして肉の煮たものをナイフでスライスし、これに野菜と共にサンドしただけのシンプルなものだ。何だかトルコ風の感じがしないでもない。

店のカウンターの端で立ち食いをして食事を済ませた。
味は油濃かったが大雑把な感じがした。でも不味いわけではなかった。今回内臓の煮物が食べられなかっ他のが残念だった。

+写真上から市場の2階から、美味しいお店のカウンター、無造作に並べられている豚の股のハム。

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。