| 03.親父の「お薦め」 06月28日 11:45 |

- 夏の風物

ささまきすし
今頃になると毎年決まりごとのように山へ笹を取りに行く。修行時代、山へこの時期、何日も笹取りに行かされた。

自分が独立して会津にお店を構えた20年前、懐石料理ふくまんの料亭時代からこの時期になると笹を収穫し、そして写真のような笹巻き寿司をつくり、お客様に提供してきた。その流れは今も変らない。

この笹巻きに使用する笹は収穫する時期が6月末から7月の半ばまでである。土用を過ぎると笹が硬くなり、おまけに葉の裏に毛がびっしりと生えて使うのが難しくなるからだ。

山から取ってきた笹は茎を落とし、枝を少し残して熱湯で湯がき冷水に取り10枚単位で冷凍にする。寿司ご飯を炊き三角形の小さなおにぎりを作り笹で巻き込む。

笹の香が寿司ご飯にうつり何ともいえない味をだす。
籠太の夏の風物です。


トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。