| 05.お薦め連載「季を食らう」 12月28日 16:40 |

- ふきのとうの料理 (季を食らうNo.2)

ごまとうふ
雪解けの頃になると、暖かい陽気に誘われてあちこちでドライブがてらの「ふきのとう摘み」の姿を見かける。

しかしタンボの畦で採取するのは、どうもお勧めできない、近頃の農家は人手不足からか、大量の除草剤を振りまく、あの雑草が死滅した黄色い畦は、不気味で気持ちが悪い。できるならなるべく沢沿いや、なるべく人里はなれた土地で採取する事をお勧めする。

ふきのとうにはこんなお勧めの料理もある。

**ふきのとうのほうれん草和え**
①ほうれんそう1把は塩を入れた熱湯で湯がき水に晒します
②その湯出汁で小さなふきのとうも湯がきます
③ほうれん草は3cmに刻み、ふきのとうはみじん切りにします
④市販めんつゆを3倍に薄めふきのとうの共に逢えます

これは中々いけますぞ~
(写真は柳津虚空蔵尊で正月に親父が料理する胡麻豆腐)

藤原家隆和歌又一首、
「花のみまつらん人にみせばや、山里の雪間の春を」


トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。