| 03.親父の「お薦め」 08月28日 15:50 |

- はまっているオイル(オルチョサン二ーター)

あさくら
数年前に友人からオリーブオイルをプレゼントされた。ある日の朝、何気なくオイルの封をあけパンやサラダに使用してその美味しさに驚いた。

オリーブオイルってこんな味がしたんだ。何だかいい酒に出会ったような深い感動を覚えた。それ以来、籠太は半端じゃないくらいこのオイルを使用するようになってしまった。出しゃばらす素材の味を見事に引き出す。

以前はカルパチョなんて冗談じゃないよ!なんて口を利いてた親父、降参・・・・これには参った。控えめで優しい味は、料理に対しての考えを変えてしまうくらい衝撃的だった。正直に美味しいと思った。

輸入しているのは写真中央の会津若松在住の女性、イタリア滞在中にこのオイルと出会ったという、個人輸入なんていうのもなかなか大変なのに、女手ひとつ、よくぞここまでやってきたなと感心してしまう。最初なかなか売れないで苦労したみたいだが、少しずつだがファンが増えてきたようだ。がんばれオルチョ!
http://www.orcio.jp/


トラックバック

Trackback URL

コメント(5)

[ 2005-09-02 16:20 ] 伊知地 wrote:
アサクラさんというのですか.
この女性の志は素晴らしいですね.
そして,ホームページに本物のイタリア南部料理のレシピが載せられています.
これまた素晴らしいですね.

どのくらい前だったでしょう,親父さんがオリーブオイルを使い出したのを目撃したのは.
そのときには,イタリア料理のカポナータもどきを作ってくれました.
その後,オリーブオイルを使う料理が増えましたね.
私は20年位前からイタリア料理を作り,オリーブオイルも4,5種類を使い分けますので,籠太が良質のオリーブオイルを使い出したときにも,オリーブオイルについにはまったかと感じただけですが,多くのお客さんは驚いたことでしょうね.

[ 2005-09-04 08:46 ] 籠太親父、 wrote:
ありがとうございます。
話は別ですが男の隠れ家、9月来店の日にお渡しいたしますがよろしいでしょうか。
再会を楽しみにしています。

[ 2005-09-04 10:28 ] 伊知地 wrote:
どうもありがとうございます.
「男の隠れ家」喜んでいただきます.
1週間後になりますが,どうぞよろしくお願いいたします.

[ 2005-09-04 21:38 ] 伊知地 wrote:
オルチョサンニータを新宿伊勢丹の地下1階のマザーズで売っているのですね.
伊勢丹にはワインを買いに行きますので,そのときにでも買ってみようかと思います.
これまで,水準の高いオリーブオイルは日本橋高島屋の食品売り場や大丸東京店のイタリアフェアで買っていました.
大丸イタリアフェアで手に入れたウンブリアのオリーブオイルが,これまで出会った最高の物でした.
このときには生産者が直接売りに来ていて量り売りで,綺麗な透き通った緑色をし,とろっとしていて,その香りの高さ,まろやかな甘さが素晴らしく,無農薬でもありました.
それ以後,そのオリーブオイルには出会えていません.

[ 2005-09-04 21:52 ] 伊知地 wrote:
書き忘れましたが,「ウンブリア」はイタリアの州です.
イタリア半島の真ん中付近,山や丘の中で,西海岸のトスカーナ州 (フィレンツェがあります),ラッチィオ州 (ローマがあります),東海岸のマルケ州にはさまれている所にあります.
サッカーの中田選手がイタリアのセリエAで最初に所属したチームはペルージャにありますが,ペルージャがウンブリア州の州都です.

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。