| 03.親父の「お薦め」 08月23日 08:11 |

- 俺の好きな店 蔵部(長野県小布施町)

くらぶ1
俺が何度も足を運び魅せられて止まない居酒屋が長野県小布施町にある。その名も蔵部、もう4回通っている。

宿泊施設もろくにないような町で、いつも思うのだが、これだけのお客様を集める魅力とは何なのか、今回は インターネットで予約してみた。6時ごろ到着すると、私たちはカウンターに案内された。

お酒や料理を注文して、この空間が持つ雰囲気に浸り楽しませていただく、しばらくして隣のお客様と会話を始めた。隣の中高年の夫婦のお客様も女性の方がリピーターで、この魅力に引かれ、ここが目的で来ていると話されていた。
くらぶ2

いつも2時間ぐらいは滞在するだろうか。薄暗い店内はBGMもなく、客席から少し高い位置にあるオープンキッチンで、調理作業に働く男たちの会話と声の掛け合い、煮炊きをする音、それらがすべてBGMとなり、様々な作業がまるで踊りでも踊っているかのようでエンターテイメント性を持って私たちに迫ってくる。

お客様もこのシャープで明確なコンセプトとの提案に理解を示し、こうしてリピーターとしてわざわざ宿代をを払いお酒や雰囲気、この町やこの蔵部の持つ不思議で謎めいた魅力に引かれくるのだろう。

俺もがんばろうと、ここに来るといつも思う。

蔵部
http://www.obusedo.com/


トラックバック

Trackback URL

コメント(3)

[ 2005-08-23 13:57 ] 伊知地 wrote:
小布施の「蔵部」も今や有名なお店のようですね.
以前に名前を聞いたことはありましたが,未だに行ったことがありません.
そのうち寄ってみたいものです.
http://www.jalan.net/kanko/...

[ 2005-08-24 06:16 ] oyaji wrote:
21日に家内と行ってきました。いま宿泊棟を建築中でした。私たちはいつもアラ小布施というプチホテルに宿泊します。安くていいですよ。
URLhttp://www.ala-obuse.net/

[ 2005-09-04 22:11 ] つるちゃん wrote:
「小布施」はオリンピック前後に良く行きました。
高速が出来アクセスが良くなり、雑誌にも良く取り
上げられていました。
宿泊場所が無いので、野沢温泉か、長野市内になりました。当然この居酒屋はわかりませんでした。
小布施は葛飾北斎を囲っただけの街で趣があります。
仰向けに寝て天井に描かれた「鳳凰」を見ていると
当時にタイムスリップした気分になります。
又近くに「中山晋平記念館」や親子3代に渡って
収集した美術館や畑の中に色んな美術館が点在し、
飽きない街です。
私は市内から少し離れた畑の中にある酒蔵とワイン蔵
が一緒になった2階の試飲場所で日本酒、ワイン、
果実酒(勿論アップル酒も)を試飲することです。
   酒のみはイヤシイですね.........
街も居酒屋もキャラクタター、個性だと思います。
それが地域といかに溶け込んでいるか....
それが蔵部であり籠太だと思います。
昨日バルブの頃行った「すし屋」に寄りました。
かっての勢いも、華やかさもなく場末の居酒屋に
なっていました。豆腐に塩とかオリーブオイルを
使った一品とか何か工夫をしたらと言ったら参考に
なりましたと言っていました。
親父の爪のアカを煎じて飲ましてあげたい。

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。