| 02.親父と「出会い」 07月19日 16:30 |

- 中年親父どうしのデート

 十数年前に美味しい地鶏と卵を生産している業者を探していた。居酒屋を始めるに辺り、何が入っているか解らないブロイラーの肉に我慢がならなかった。
友人に紹介されて栗城さんのおたくをお邪魔してから十数年が経つ。それ以来、籠太の焼き鳥に使用する鶏の生産を栗城さんにお願いしている。俺はこの人との出合いがこんなに人間的にも影響を受けるとは夢にも想わなかった。
あるとき俺は話の勢いで「栗城さん農業もやろうよ!」とそそのかした。それからとうとう栗城さんは無農薬有機栽培の農業もはじめてしまった。あの籠太の美味しい野菜は栗城さんの養鶏場から出る鶏糞と栗城さんの想いと愛情が生み出す賜物であることは言う迄もない。
今でも時々二人でレストランで食事をする機会がある。中年親父とおじいさんのデートだ!赤ワインを飲みながら仕事の話、畑の話、挙げ句は人生論まで語り始めると時間のたつのを忘れて話している。「もっと早く出会いたかったですね~」いつもそんな話をする。何時しかそんな交流は私達を環境運動に導くこととなる。
故郷の山が虎刈りにされ、次々と貴重な自然が壊されていくのが我慢ならなかった。あのバブル最盛期の頃、私達はリゾート開発による環境破壊に反対して、水道水源地に様々なリゾート施設やゴミの処分場などを規制する運動の中心にいた。気が付いた時はずいぶんと大きな運動になっていた。
私達が反対した場所には、その前後に大きなホテルやリゾート施設ができた。しかしその後は何年も経ずして倒産や廃業が続いている。中身のない巨大施設をいくら作ろうがそんなことで地域は良くならない。自分達の住んでいる地域の自然を愛し、祖先からの受け継いだ伝統や文化を感謝の心を持って大切にし、その中で創意工夫することにこそ本当の発展があるはずだ。
世の中は私達が予想した通りになり、時代が変った。当時私達を変わり者扱いした連中が私達に講演を依頼するようにまでなった。日本で初めてリゾート法の指定を受けた地域で、とんでもないような反対運動が起こり、今でも頭の中が護送船団の夢から覚めない連中との地域の幸せを巡る熱い戦いが続いている。いつか見てきたあのヨーロッパの田舎のように静かだが心豊かな人が住む会津を夢見て今日も焼き鳥を焼く。
「いらっしゃい!おいしいお酒と焼き鳥があるよ!」

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。