| 01.親父の「ぼやき」 09月06日 16:28 |

- エスエル

 この前おれはエスエルを見に行ってきた。以前から東山温泉旅館の友人の社長はエスエルにはまっていた。
昨年の秋から磐越線や只見線にSLが走ることになった。今年は会津で全国SLサミットがある。
友人はいつも自慢の彼女の話をするかのごとく、陶酔したようにSLの話している。「どこがおもしろいんだ!」内心そんな気持で写真撮影に付き合う事にした。しかし現場に行って直ぐその魅力がわかった。あの待つ者の期待に応えるかのように哀愁を帯びた「ポー」という汽笛、煙を吐く機関車の躍動、挨拶するかのような警笛の音、俺が小さい頃、毎日当たり前のように見ていたSL、そのSLが想い出と共に迫ってくるではないか。なんだか胸が熱くなりおまけに涙が出てくるではないか・・いけない俺もはまりそうになってしまった。

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。