| 02.親父と「出会い」 03月22日 15:26 |

- 清ちゃんのアスパラ

 清ちゃんは、田んぼと畜産(種豚)を主体に有機栽培の農業をしている、籠太のお客様でも名だたる酒豪だ。こんなに飲んで大丈夫なのかというくらいしたたかに飲む。まもなく50歳になるのであろうがどこかに青年の匂いが漂う、その純粋な人柄に引かれお付き合いをさせていただいている。俺は飲んで酔いつぶれた清ちゃんを何度も自宅まで送っていった。
 その清ちゃんの作るアスパラが絶品なのだ。俺はそのアスパラが食いたくて清ちゃんの畑に何度も通う。雑草の中にたくましく芽を出すアスパラはとにかく美味い。アルミホイルに長いまま並べ、塩胡椒をしてお酒を振りバター一欠けを添えて蒸し焼きにする。美味い!感激するくらい美味い。
  こだわりでも何でもない、へたくそ料理人の俺のこんな料理を食べてくれるお客様に感謝しているがいつもどことなく後ろめたい気持ちがつきまとう。(自信がない・・) せめて塩や酒、酢や味醂は自分の手に及ばないところで作られるのだから。それぐらいは最高のものを使わないと申し訳ないと本気で思っている。
 野菜だって同じだとおもう、これからも自分が食いたいと思っているものを提供してゆきたい、だけれど俺は百姓は出来ない、だからがなるべく安全で美味しい物を探している。清ちゃんの作る米も美味い日本一だと思う。

トラックバック

Trackback URL

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。